「2013年6月」のおすすめ記事

早いもので2013年も半分が終わろうとしています。

6月30日は「水無月」という和菓子を食べる日(※)ですが、今年もその時期だな~としみじみ感じてしまう今日この頃です。ちなみに、もし「水無月」をワインと一緒に楽しむなら、どんなワインが合うのでしょうね(^^)今年はチャレンジしよっかな☆

 ※1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、半年間の穢れや厄を祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」にちなんでいるとか。

 

それでは、明日27日(木)の試飲ワインを発表致します。

午後3時から抜栓していますので、お楽しみに♪

 

店頭では数量限定の大特価セールをしています!

かなりお得ですよ!!

ワインセール.JPG

作:アリアニコ

POP講習会初級編に行ってきました♪出来栄えどうですか?(゚▽゚)

 

続きを読む"6月最後の試飲の日~27日(木)のワイン発表~" »

7月のウイスキーショップW.店頭ミニセミナーは19日(金)に行います!内容は6月に引続き白州おさらいセミナーです。白州の原酒テイスティングと白州12年のハイボール作成、今回は簡単なクイズもご用意しています!皆様に白州マスターになって頂きたいと思いますので、是非ご参加下さいね。白州をミニセミナーで取り上げるのは今回が本年最後です!夏の暑い時期、爽快な喉越しが心地よい白州を飲みながら楽しくやりましょう!!お待ちしています!

  headvisual_bg.jpg

【7月ウイスキーショップW. ミニセミナー】

日時  7月19日(金)  15時~16時

定員  4名

参加費  1,000円

※予約制です。ショップまでお問合せ下さい。

ウイスキーショップW. 06-6341-3123(平日 11時~19時)

 

 セミナーは満席となりました。ご了承下さいませ。

長い長い時間の中で人々の手によって培われ受け継がれてきたもの、世界中に、その土地ならではの言葉、唄や踊り、食べ物や衣装等が存在します。それを文化と呼んだりもするのでしょうか。継承される中でいつしか伝統となり、古典として今日の私達に遺されている数多くの財産。日本にも様々な財産が伝えられています。人が人に伝えるというシンプルな行為によってのみ受け継がれてきたことを思うと、どんなものも尊い、そう思いませんか?私が非常に興味を持っているのが各地に残る唄、民謡です。その土地の美しさを歌っていたり、生活の中の何でもない事を唄っていたり素朴です。しかしリズムや言葉の中にしっかりと土地の個性、訛りの様なものが詰まっています。一つの唄が日本全国に伝承していく。すると伝えられた土地によって全く違った曲調へと変わっていくのです。全国に伝わるハイヤ節の源流となった熊本は天草の南端、牛深を訪ねました。

  天草夕日.JPG

(天草の美しい夕日)

  

続きを読む"伝承がつなぐ、日本の豊かさ" »

こんにちは☆大阪店きんぎょです。

 

全然雨が降らない空梅雨だと思っていたら・・・、台風が近づいている

みたいですね^^;。

お天気悪いですが、明日もカーヴ・ド・ヴァン大阪店は

試飲してます。

&22日(土)は特別営業でお店OPENしています。

普段、なかなか来れないという皆様、有料試飲&無料試飲ありますので

ぜひぜひご来店くださいませ。

机.JPG

ワイン好きにとっては、素敵すぎる木箱でできたテーブルがやってきました。

一見の価値ありですよ☆☆☆

 

明日の試飲は

3時ごろ~閉店(18時半)まで試飲できます。

ワインはなくなり次第、終了いたします。ご了承ください。

 

ではでは明日の試飲は

続きを読む"20日もします、無料試飲in大阪店(台風近づいてますが・・・。)" »

皆様お待たせ致しました。お馴染の白州ヘビリーピーテッドが今年も発売となります。白州ファンにはもうすっかり定番となったヘビリーピーテッド、先日発売された山崎ヘビリーピーテッドも好評でしたが、「やっぱりピートは白州やろ」との声を多く頂き私も力強く頷いていた次第です。もう私が白州ヘビリーピーテッドについて申し上げる必要はないでしょう。お陰様で関西圏での白州人気もうなぎのぼりです!先日はニューヨークからお越しのお客様と話しておりましたら、「これまでは山崎一辺倒だったけど、白州も海外で賞を受賞(先日はSWSCにて白州12年が金賞受賞、白州ヘビリーピーテッド2012もISCにおいて金賞を受賞!)するなどして人気が出てきている」とお話されていました。日本を代表するシングルモルトとして白州が広く世界で飲まれる日が来るのも近いようです。

白ヘビリー13l_11784-1[1].jpg 

続きを読む"白州ヘビリーピーテッド2013来月発売!" »

このページの先頭へ